« きょうの多摩川水系、久々の渓魚 | トップページ | きょうの多摩川水系、まだ厳しい!? »

2013年8月18日 (日)

熊野、そして木曽の旅

今年のお盆は、久しぶりの郷里で過ごしてきました。

P1030994

ふるさとの川、本流は水量が少なく、船底が底をつくおそれがあるために観光川舟も休止となってしまったとのこと。支流も水の流れが細々としたものとなり河原の石や岩も真っ白になっていました。
2年前のような大水はおきてほしくはありませんが、雨が降らないのもいろいろと大変のようです。

帰路の途中、木曽の川に寄ってみました。

P1040019

この東屋の後ろに「巴淵」があります。あの勇猛な女武者として伝えられている巴御前にちなんだ大淵です。(淵をのぞいてみましたが、かなり砂が入ったようでその当時に比べれば小さくなってしまったかも)

P1040018

このあたりの流れ、おそらく平水の状態のようですが、かなり押しの強い流れです。すぐ上流にダムがあるので、その影響もあるのでしょうか?

P1040030_2

その流れから、やっと小さなアマゴが出てくれました。

P1040027

最近の放流ものでしょうか、鰭がちょっと残念。それにしても最近のアマゴは朱点がかなり派手ですね。

P1040024

帰路の最後は、いつもの小仏渋滞を抜けて帰宅。

|

« きょうの多摩川水系、久々の渓魚 | トップページ | きょうの多摩川水系、まだ厳しい!? »

コメント

お盆は郷里でのんびりできたようですね。
アマゴ、ホントに朱点が多いですね!
やはり渇水でしたか、適度な雨が欲しいですね。

投稿: kent | 2013年8月19日 (月) 09時37分

kentさん、こんにちは、
郷里の川はかなりの渇水でしたが、木曽川上流は7月に大雨があったらしく、いい感じの流れでしたよ。
ちょっと遠いですが、もう一度行きたいところですね。

投稿: SAMU | 2013年8月19日 (月) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/58015535

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野、そして木曽の旅:

« きょうの多摩川水系、久々の渓魚 | トップページ | きょうの多摩川水系、まだ厳しい!? »