« 小菅でミノーイング・スクール | トップページ | ネイティブ・トラウト? ワイルド・トラウト? »

2013年5月25日 (土)

新しいミノーと桂川

4番目のロットとなるミノーが出来上がりました。

P1030657

今回は、本流域での使用を意識して少し厚めのボディーにしてみました。ウエイトは、4gと4.5gでボディーを厚くした分前回より重めです。

このミノーを持って、きのう桂川にでかけてきました。
朝一は、鳥沢の鉄橋下からスタートです。散歩中の地元のおばあさん(地域で最長老とのこと)と少しお話をした後、釣り上がります。
天気がいい上に既に8時をまわっているので、瀬を中心にキャストしますが、渓魚は追ってきません。猿橋下流まで釣り上がったところで、Uターン。
お昼までまだ時間があるので、支流に移動しますが、釣り人がいたためちょっと早めの昼食をとります。

P1030644

すこし休んだ後、初めてのポイント2カ所に入ってみます。鳥沢もそうでしたが、どこも稚鮎がいっぱいで、ときどき渓流魚のライズのように跳ねています。桂川漁協のHPによると、合計10トンの稚鮎を放流したとのこと。

今回の最後のポイントは、いつもの下流域。
ここでも、目に入るのは稚鮎ばかりで、なかなか渓魚がでてくれません。6時ごろになってようやく動き出したのか、なんとか小ぶりのイワナがでてくれました。

P1030646

その後、ヤマメ(たぶん)を2つばらしたところで、終了。
水も少なめで天気もよすぎたためか、日中の釣りは厳しいですね。

|

« 小菅でミノーイング・スクール | トップページ | ネイティブ・トラウト? ワイルド・トラウト? »

コメント

厳しかったようですね、一雨欲しいですね。
でも、新しい自作ミノーは渓魚を連れてきてくれたとの事、
良かったですね!

投稿: kent | 2013年5月25日 (土) 18時42分

kentさん、どうもです。
どのポイントにも稚鮎が、まるで小菅のウグイのように
いっぱい群れていましたが、ヤマメが.....
出直しです。

投稿: SAMU | 2013年5月25日 (土) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/57455438

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいミノーと桂川:

« 小菅でミノーイング・スクール | トップページ | ネイティブ・トラウト? ワイルド・トラウト? »