« ミノーづくり、その4 | トップページ | ミノーづくり、その5 »

2013年3月28日 (木)

鶴川、そして小菅川

きのう3/27、桂川水系から小菅川に出かけてきました。
桂に向かう途中、小雨が降ってきたので、もしかするときょうはいい感じかなと思ったのですが、現地に着くと降った跡もありません。本流の下流区間に入りますが、何度かミノーを追ってくるもののそこまでです。
本流はあきらめて、鶴川の気になっていた区間に向かいます。

P1030278

水が少なく、澄んでいるので渓魚は石陰にかくれてしまっているのでしょうか、なかなか出てくれません。少し深みのある落ち込みから、やっと小さなヤマメが出てくれましたが、ランディングの手前で行っちゃいました。
そのまま反応なく退渓点に着いてしまいますが、そこにある小さなプールにキャストすると追いがあります。ミノーを替えてやっと掛かってくれたのが、このヤマメ。

P1030282

その後、峠越えで小菅川に向かいます。
CRの上流区間を釣り上がってみましたが、落ち込みの脇から飛び出したニジマスが1尾だけ。結局、今回ヤマメは相手をしてくれませんでした。

多摩源流の里は、まだ梅の季節です。

P1030284


今回の釣行では、先日出来上がった自作ミノーのスイムテストを行ないました。
その結果は、

先行試作2つをテストしたのですが、2つとも使い物にはならない結果となりました。
1つは、ボディーが横になってしまいまったくダメ。リップをよく見ると、取り付けが水平方向でわずかに傾いています。
もう1つは、深く潜行してしまいました。こちらのリップは、角度が小さすぎているようです。
製作工程最後のリップ取り付けがダメだったようです。
今仕掛かり中の3つは、リップの取り付けに十分注意して完成させる必要ありです。
ついでに、肥満気味ボディーのシェイプアップも行ないました。

P1030302

|

« ミノーづくり、その4 | トップページ | ミノーづくり、その5 »

コメント

昨日は花冷で厳しかったようですね。
ハンドメイド、色々と難しそうですね。

投稿: kent | 2013年3月28日 (木) 19時25分

そろそろ少しまとまった雨がほしいところです。
リップが重要なのに、適当に付けてしまった結果ですが、
こういうことも勉強になりますね。

投稿: SAMU | 2013年3月28日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/57050831

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴川、そして小菅川:

« ミノーづくり、その4 | トップページ | ミノーづくり、その5 »