« ミノーづくりを始めました | トップページ | ミノーづくり、その3 »

2013年3月15日 (金)

ミノーづくり、その2

ボディーの形がほぼ出来上がったので、次は骨をつくります。
ミノーづくりでは、構造線と呼んでいるようです。

P1030228

つくる数は少ないのですが、作成用の治具をつくってみました。
写真のエンド・ニッパーは100均で入手したもので、刃の部分はヤスリで丸めました。
道具を使えば、骨づくりも意外と簡単にできますね。
出来上がった構造線とおもりをボディーに仮組み付けして、水の中の姿勢を確認します。

P1030229

4mmのタングステン2つでは、かなり浮いてしまいます。一応、シンキングの予定ですので、さらにタングステンを追加して、水面直下にとどまる状態となりました。
コーティングやフックの重みが加わればちょうどいいかなという感じです。

P1030230_2

ボディーを接着して、次はコーティングです。

|

« ミノーづくりを始めました | トップページ | ミノーづくり、その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/56961735

この記事へのトラックバック一覧です: ミノーづくり、その2:

« ミノーづくりを始めました | トップページ | ミノーづくり、その3 »