« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月27日 (金)

多摩川上流部

1年の中でもっとも暑い時期ですが、きょうは多摩川の上流部に出かけてきました。
朝一は、ちょっと手前の海沢橋下流に入ります。先週は橋の下辺りであきらめて退渓しましたが、今回はキャンプ場近くまで釣り上がるつもり、....でしたが、まったく反応がありません。途中の淵で尺近いイワナ(たぶん)が、ゆらゆらとルアーを追ってきましたが、それっきり。なんかおかしいな、と思いつつさらに釣り上がると、先行者発見。しかも二人います。
あきらめて引き返し、上流部に移動します。

P1020737

ネット情報をたよりに、入渓路をさがして川原に降りると、なんと餌釣りの方がいます。釣り上がるとのことなので、下流を少しさぐってみることに。
7、8センチぐらいの稚魚が追ってきますが、それ以上の渓魚は出てきません。既に10時を過ぎ、半端ない暑さのなかですからちょっと無理みたいですね。

P1020730

管釣り的な階段状の流れには、ちょっと人工的なニオイが...。

P1020733

ここもあきらめてお昼にします。

午後、軍畑に入ってみたものの、まったく反応なく、あまりの暑さにギブアップで終了。
このところ、渓魚の顔をみていません.....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

また、鶴川に行ってきましたが....

昨日、ふたたび鶴川に出かけてきました。
今回は、朝5時半に出発。高速の早朝割引もゲットして桂川下流部に6時半ごろ到着。
入渓箇所には、すでに多くの鮎釣りの車がとまっています。鮎釣りってこんなに早くからやるんですね。
なんとか車をとめることができ、準備して川に降ります。前回に比べればかなり水量が下がっています。

P1020712

小雨がふったりやんだりの状況で、ちょっと期待がふくらんだのですが、どうも反応がありません。すでに鮎釣りが川に立ち込んでいるため、立ち込めなさそうなポイントを中心にキャストしますが、2度ほど追ってきただけ。
本流はあきらめて、鶴川の支流に向かいます。

初めて入る支流でしたが、水量が少なくかなり砂で埋まっているかんじなので、すぐにあきらめて早めのお昼にします。
お昼の後、鶴川中流部の前回の続きの区間に入ります。午前中の雨の影響はほとんど無いようで、水量も前回と同じようです。この区間、砂が多めで浅瀬が続きます。

P1020715

P1020718

残念ながら、今回出てくれたのは新子ヤマメだけでしたが、この川は水がきれいで釣りのポイントも数多くありそうなので、また来ようと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

きょうの多摩川水系、笹濁りの川

きょうの朝一は(って言っても9時すぎですが)、飯田さんのスクールの後に入った多摩川支流のポイントに行ってみました。 入渓点には新しい足跡がいっぱいで、こりゃダメかな思いつつしばらく遡行してみましたが、時折小さな渓魚が追ってくるだけでまったくだめ。あきらめて深い谷からはるか上の道に戻ります。

次ぎは、丹波川 親川橋です。しかし、橋から川を覗くと、なんと本流が泥濁り状態です。
どこか上流で工事でもしているのだろうと思い、お昼まで後山川の2段堰堤下で遊びます。
案の定、12時には濁りが薄まり始めたので、少し下流から本流に入ります。笹濁り状態なのでちょっと期待をもったのですが、釣れるのは新子ヤマメだけ。後山川との合流点で、やっと掛かったちょっといいサイズを足下でバラしてしまいます。
写真は、1時過ぎ、再び濁り始めた本流。

P1020706

その後、小菅のCR区間に移動。ここでも、大成沢出会いでいいサイズのイワナをバラしてしまいます。ワンチャンスを活かせませんね。

最後は、いつもの軍畑です。

P1020707

白丸からの放水のためでしょうか、やや濁りがあります。水量もわるくはないのですが、渓魚の反応がありません。掛かったのは、銀化?したニジマスだけ。
きれいな渓魚はどこにいるのでしょうか.........?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »