« 荒川の冬季釣り場 | トップページ | 三崎・鎌倉、今年も行ってきました »

2012年2月25日 (土)

解禁前の小菅川

昨日は、小菅川の冬季ニジマス釣り場に行ってきました。
その前日に雨が降り予報では気温が上がるとのことで、かなり期待して10時すぎに川原に到着。
その前に、釣り券購入で寄ったFVで、漁協のKさんから県の放射性物質検査の結果、小菅川で採取した検体からは検出しなかった、との話を聞きました。よかったですね。

P1020124

午前中は、ルアーはまだ不利かと思い、フライではじめます。
いつもの#17パラシュート・フローティングピューパを投げると、反応がありますが、直前で見切られてしまいます。フライのサイズが大きい?、ティペットが太い?、それともドラグがかかっているのか?
何度かキャストしてうちに、フライをくわえてくれた渓魚。

P1020121

午後からは、ルアーロッドに持ち替えていろいろと試してみますが、反応がよくありません。
上流で工事か何かしているのでしょうか、水にすこし濁りが入った時に反応があり何とか1尾をキャッチ。
3時ごろになって、渓魚がまったく反応しなくなり、岩陰に隠れてしまったのかと思っていると、川岸の木にトンビ?かワシ?(見分けが付きません)が2羽います。
川の中の渓魚を狙っているのでしょう。時折急降下して水面にアタックしています。
写真を撮ってみましたが、小さくてよくわかりませんね。

P1020125

|

« 荒川の冬季釣り場 | トップページ | 三崎・鎌倉、今年も行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/54075809

この記事へのトラックバック一覧です: 解禁前の小菅川:

« 荒川の冬季釣り場 | トップページ | 三崎・鎌倉、今年も行ってきました »