« きょうの多摩川水系、撃沈 | トップページ | LED電球 »

2011年6月 5日 (日)

三重、和歌山の渓

31日の夜中から昨日まで、郷里に出かけてきました。 近頃、古道歩きやパワースポットでちょっとしたブームになっている、熊野地方です。
往路は、御殿場から東名に乗るルートで、帰りは中央道ルートです。 途中、富士川SAで車中泊をし、郷里のまちに着く手前のお気に入りの渓にちょっと寄り道。

P1010437_2

この渓は、あまり知られていないのですが、サイズが小さいながらもきれいなアマゴがいます。

P1010425

ちょっとぽっちゃりしていますが、この渓ではこのサイズがアベレージ。丸いパーマークが、この地方の特徴とのこと。

P1010430

きょうは、コンディションがよかったのか、7寸ほどのアマゴも出てくれました。

翌日は、和歌山の渓、日置川の上流域に出かけました。
あいにくの雨で、水温が下がってしまったためか、最初に入った支流では反応がいまいちです。その後入った本流すじは、数名の鮎釣りがいましたが、流れ込みにキャストすると、いいサイズのきれいなアマゴが出てくれました。

P1010445

P1010450

さらに翌日は、帰路の途中の三重の渓です。 現地に到着したのが、すでに午後4時をまわっていましたが、釣り券を購入してさっそく入渓。

P1010454_2

台風の後にもかかわらず、水量がそれほどなく、写真ではわかりずらいのですが、川全体に砂が入っています。 小さめのサイズが、いくつか掛かりましたが、全部ばらしてしまいました。
近くの道の駅に車中泊した翌日、別の区間に入りますが、まったく反応がありません。 ようやく落ち込みの石裏からでた7寸ほどのアマゴもランディング後、撮影準備中にネットから逃走してしまいました。 

でも、どれもがきれいなアマゴでした。

|

« きょうの多摩川水系、撃沈 | トップページ | LED電球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556553/51865444

この記事へのトラックバック一覧です: 三重、和歌山の渓:

« きょうの多摩川水系、撃沈 | トップページ | LED電球 »